top of page

💐ブーケブートニア💐

こんにちは🐡

企画広報室の鈴木です🫡

今日の入荷も素敵なお花ばかり!

とっても幸せな気持ちになりながら

朝一の業務を終えてきました💐

さて、今週も頑張るぞ~💪


そういえば!先日投稿した

「ダズンローズデー🌹」の記事は

ご覧いただけたでしょうか?

なんだかとってもロマンチックな感じで

私ももらってみたいな~…

と夢見てしまいました🙃💭


ダズンローズデーについて調べていたら

「ブーケブートニア」というワードが目に入る…👀

確かにセットで使われる印象だけど

同じ色味、同じお花で作ると

オシャレでペア感が出るからつけているんだよね?

なーんて思っていました


・・・が!!!!


ヨーロッパで古くから行われている習わしで

男性がプロポーズするときにブーケを女性へ渡し💐

それを受け入れるという意味を込めて男性の胸元へ

ブーケから抜いたお花を挿す🌹、というものがあります

ここでいう花束が「ブーケ」💐

男性の胸元へ飾るものが「ブートニア」🌹

となるのです。

なるほど!だから同じお花になるのか!と



前の記事でお伝えしたダズンローズの演出は

俗に言う「ブーケセレモニー💐」のこと。

ブーケブートニアの言い伝えから来ているのだそうですよ。


----------------------

プロポーズを決意した青年が

愛する人に想いを伝えるために

お花を集めて1つのブーケにします

努力を重ねて作ったブーケを持って

彼女の元へ行き、結婚を申し出ます。

彼女は受け取った花束の中から1本を抜き取り

青年の襟元に挿しながら

「よろしくお願いします。2人で一緒に幸せになりましょう。」

と答えるのです。

----------------------


お花の集め方には諸説ありますが、

◆結婚の許しを得るために村人1人1人から集めた説

◆愛する彼女の家までの道中、1本1本積んだ説

この2つの説が有力みたいです…


いずれにせよ、青年が愛する女性と結婚するため

一生懸命、お花を集めたことに変わりはなく

とても素敵なお話だな~と思いながら読みました💍✨

このお話とバラと12の言葉を組み合わせて

ダズンローズが完成するのですね🌹


バラのお花も素敵でしたが、

ネット記事で取り上げられていた

12本のカラーもとても素敵でした☺️

気になる方はぜひ調べてみてください🔍

コメント


bottom of page