切花・鉢物ギャラリー
ホーム > ハロウィンについて

ハロウィンについて

ハロウィンとは

橋本生花-かぼちゃ ハロウィン(ハロウィーン)とは、毎年10月31日に行われる古代ケルト人が起源と考えられる祭りです。

近年では、日本でも仮装イベントなどが行われているため、ご存知の方も多いかと思います。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いがある行事でしたが、現代では祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

ハロウィンとかぼちゃ

ハロウィンでは、「ジャック・オー・ランタン」というかぼちゃの置き物を飾ります。

これは、かぼちゃをナイフでくり抜き、ナイフで目・鼻・口をつけ、内側に火のついたろうそくを立てるもので、さながら「お化けかぼちゃ」「かぼちゃ提灯」といったところです。

かぼちゃに怖い顔や滑稽な顔を作ることで、悪い霊を怖がらせて追い払うといわれています。

もともとはカブで作られていたものですが、アメリカ大陸にハロウィンが伝わったのち、生産の多かったカボチャを使うようになっていきました。

ハロウィンと仮装

橋本生花-ハロウィンの仮装 ハロウィンと聞いて多くの方が思い浮かべるのは、仮装だと思います。

もともとは、魔女やお化けに仮装した子どもたちが、近隣の家を訪ねては「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と唱えてお菓子をもらうイベントです。

訪問される側の大人たちは、子どもたちのためにあらかじめお菓子を大量に用意して待ちます。

子どもたちは、もらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーなどを開いて楽しみます。

このように、地域の大人たちと子どもたちが交流する機会になっています。
橋本生花-ハロウィンのお菓子 アメリカでは、基本的にゾンビや幽霊、魔女などの「恐ろしい」と思われているものへ仮装する傾向がありました。

ですが、近年では漫画や映画のキャラクターの仮装が人気となっています。

日本でも近年ハロウィンパレードなどが行われるようになりました。

子どもに限らず大人も仮装を楽しむイベントとして定着してきています。